台湾ホテルおすすめランキングでは、インスタ映えを第一に考えて、インスタジェニックな景色や食べ物を常に追い求めている20代ただのキラキラOLである私が今、一番気になっている台湾のホテルを紹介します。

 

キラキラ感が第一です!夢なのでコスパは無視!

 

OLの給料の現実を考えたら、泊まれないようなホテルでも見て楽しむくらいならいいじゃない!
宿泊できなくても、ホテルカフェ位には行って写真撮れるしね!

 

OLのおすすめ台湾ホテルランキング

 

沖縄ならではの楽しみ方・・・それは、地元の人との交流&同じ旅人との出会い
リゾートホテルやビジネスホテルなどでは、通常他のお客さんと一緒にご飯を食べたり・仲良く話したりと言う事はありませんよね?

 

しかし、民宿やゲストハウスに泊まると宿のオーナーさんとの交流は、もちろんですが、宿泊している他のお客さんと仲良くご飯を食べたり・お酒を飲んだり・一緒に観光に回ったりと言う事が起きちゃうんです。

 

プールが重要?

台湾海
インスタ映えする写真に最重要なのは、水!
プールでの水着写真やプールサイドでおしゃれな飲み物を載せるのは定番ですね。

 

宿泊者限定のプライベートプールのホテルもありますが
プールを一般開放している場合もありますので、その点はチェックしておきましょう

 

今回、私が紹介するのはネットで見て口コミが良くインスタ映えしそうなホテルです

 

選んだポイントは3つ

かわいい背景がたくさん
キラキラ感を演出する空間
海外&非日常感が出るホテル

 

台湾は、格安航空などを使うと、1万円以下の弾丸ツアーでも可能とテレビで紹介されていました。
弾丸ツアーでは、キラキラホテル宿泊は無理でも、ちょっと自分へのご褒美として
航空券だけは、格安でホテルにお金をかけると、思った以上に安く楽しめますよ

 

なるべく安く非日常感を出した写真をアップしたい!

 

そんな、あなたにおすすめです。
同じアジアで大阪や福岡からなら3時間程度、東京(成田)からでも4時間30で行けちゃう台湾

 

仕事に疲れた気持ちをリフレッシュするために、女子旅に出かけてみませんか?

 

以下におすすめのホテルを紹介しておきます。

シャングリ・ラ ファー イースタン プラザ ホテル 台北

シャングリラホテル台北
シャングリ・ラ ファー イースタン プラザ ホテル 台北の口コミ

すでに7回もリピしてます。子供が2歳のときからの3人の家族旅行ですが、ラウンジもつかえて、朝食もおいしいですし、夕方のラウンジで一杯も大変楽しめます。

 

最初はスタンダードにとまりましたが、UP料金払ってもホライズンがお得だと思います。特に子供が小さいときは、子供の気分や具合にあわせて、ラウンジで食べたり飲んだりできたので結果的には楽だし良かったと思います。

 

夕方はラウンジで一杯やってから街にでての食事も楽しめますし、プールも6階と屋上の2つあり、夏は6階のプールも楽しめます。6階はジムスペースなんで、大浴場とサウナもあります。子供が中学年となった今は6階の大き目プールで結構遊んでました。

 

スタッフのサービスも大変よく。今までには。
私の誕生日ケーキをいただいたり。
子供が具合悪いときはフルサポートでしたし。
旦那が鉄道で時計を紛失したときはとても迅速な対応してもらいましたし。
今回は次回スイートルームへのアップグレードチケットもいただきました。

 

なんてこともありました。
街からちょっと遠いのですが、ホテルライフを満喫するには台湾ではベストかなと思います。
また来年も行きたいと思います。

一緒に台北旅行を予定していた友人が急遽来れなくなり、想定外の一人旅となりました。スタンダードルームを2名で予約していたので、フロントで友人が来れなくなったことを伝えると、女一人旅ということもあり、一人でご飯を食べるにも量が多い台湾なので、ホライゾンクラブを使える客室へのアップグレードを日本人の女性スタッフからオススメされました。金額はそこそこしましたが、アップグレードにして正解でした。その女性スタッフからは、チョコレートアソートの差し入れなどもらい、至れり尽せりでした。台北101をベットからゆったり眺められる眺望で、部屋も広々としており、アメニティはロクシタン、お風呂もゆったりと浸かれました。
スパも、日本円にしたらなかなかの金額のパッケージを安く受けられましたが、私は街中の指圧のほうが好みでした。
出張続きで疲れていたので、ゆっくりホテルステイが出来て、結果的にとても良かったです。また訪問したいと思います。

シャングリ・ラ ファー イースタン プラザ ホテル 台北の詳細はコチラ

 

マンダリン オリエンタル 台北

マンダリン オリエンタル 台北
マンダリン オリエンタル 台北の口コミ

年初に宿泊して相変わらず快適に滞在できたこともあり、ゴールデンウイークにも再訪しました。部屋も前回と同じタイプのスイートで滞在そのものは快適でした。スパも初めて利用しましたが、施術・サービスともよかったです。ただし以下の点で不満が残りました。
1.宿泊初日のクラブラウンジでの対応が遅く、またやや悪かった。3泊しましたがそれ以外の日は大変満足しました。
2.スパそのものは良かったのですが、スパの受付に多くのお客様が雑然といて(地元の人なのか観光客なのかわかりませんが)、雰囲気が悪く感じられた。
3.前回頂いた料理が気に入っていたので、日本から当ホテルのダイニングの「YAGE」に2名で予約を入れて訪問しました。しかし案内されたのは通路脇の落ち着かない席で、しかも3人分のテーブルセットがされている状態。明らかに直前に予約した席から悪い席に変更したと思われる対応でした。料理中のサービスもプロらしさのない「素人」の対応で、非常に不愉快に感じました。「YAGE」にはもう行かないと思います。余談ですが、翌日行ったPalais de Chine hotelの「Le Palais」のほうが料理・サービスともに格段に良かったです。

スパにてフォルモサ150分の全身トリートメントコースを利用しました。日本円で約5万円弱。少々お値段張りますが費用対効果抜群です。台北訪問時には宿泊せずともこのホテルのスパ利用の価値あり。予約は,日本からでもHPで予約可能。日本語表記もあります。予約時に開始20分前にスパ専用のレセプションにチェックインを促されます。理由は,施術前のシャワータイムの為。受付を済ませると,ロッカールームに案内され,ここでお着替え。シャワーブース,ジャグジーそしてサウナを完備。施術前にゆっくり体を温めて待ちます。この段階で既にラグジュアリー感を味わえます。時間になると担当者が迎えに来てくれて,個室に通されます。ゆったりと広い空間は,シンプルで美しく静寂。ロッカールームに居た幾人もの他客の姿は何処にもありません。施術後は,ヒーリングルームにてお茶とクッキーなどの簡単なデザートを頂きます。ここには約束された非日常とリラックスがあり,台北訪問時には是非,予定に取り入れたい1つです。

マンダリン オリエンタル 台北の詳細はコチラ

 

グランド ハイアット タイペイ

グランド ハイアット タイペイ
グランド ハイアット タイペイの口コミ

グランド ハイアット タイペイの詳細はコチラ

台北101に最も近いホテル♪とても綺麗で快適でした♪
日本人スタッフも常駐しているので安心です♪
部屋のスペースも広くて良かったですが、お部屋の浴室にタブが無かったのが残念!
次回はタブ付きの部屋にしたいと思います。

土日で、弾丸ひとり旅に一泊しました。グランンドクラブに泊まりました。空港からはシャトルバスで(500円かからないくらい)ホテルまで行きました。クラブフロアのデスクで、近くの観光のおすすめをきいたら、丁寧に教えてくれました。
お部屋は台北101が目の前でした。お部屋も素敵で、特にバスルームが広くてよかったです。
クラブフロアは数人いたくらいで、静かでよかったです。日本人は見なかったです。
帰りもホテルのデスクでシャトルバスのチケットを買って、空港までいきました。スタッフの対応も丁寧でよかったです!

シェラトン グランデ タイペイ ホテル

シェラトン グランデ タイペイ ホテル
シェラトン グランデ タイペイ ホテルの口コミ

シェラトン グランデ タイペイ ホテルの詳細はコチラ

場所はMRT台北駅の隣の善導寺駅のすぐ前ででアクセスが良く、どこに遊びに行くにも便利でした。ただ、桃園空港からMRTで行くと地下から重いスーツケースを持って上がらなければならないので、バスがオススメです。バスはシェラトンホテルから3分くらいのところで降ろしてくれました。階段を上がるくらいなら3分歩く方が楽だと思います。空港のバスチケット売場でシェラトンと言えば、カタコトの日本語ができるおばちゃんが対応してくれました。ホテルの裏の近くにはセブンイレブンがあります。
フロントでは私の英語が完璧ではないのですが、丁寧に英語で対応してくださいました。ポーターの方もみんな感じの良い対応をしてくれました。ここのスタッフは皆、丁寧というよりも、心のこもった温かい対応と言った方が適切な感じです。
部屋は清潔でアメニティは揃っていて、日本製のトイレなので使いやすいです。
朝食のビュッフェは美味しく、種類も豊富なので、食べ過ぎに注意です。ただオレンジジュースが搾ったものではなかったので、それが残念でした。
台北へ行くときは、またシェラトンを選びます。このホテルを選べばホテルでイヤな思いをすることは無いと思います。

お値段もそこそこしますし、SPGゴールド程度では特にメリットも少ないのですが、何と言っても立地がバツグンに良い!

 

到着日は荷物があるので、松山空港からタクシーで乗り付けたが、10数分で着いてしまう。帰国日も同様に、朝7時にチェックアウトしてタクシーで移動すると、7時半には空港のラウンジに入ることができた。

 

空港だけでなく、台北駅から歩いてもさほどの距離ではなく(泊まった部屋からは台北駅の屋根が見えた)、朝6時30分の高鐵にも、朝一番の板南線6時7分発に乗って、余裕で間に合った。

 

そして何と言っても朝食は豆漿の超・有名店が至近で、結局3泊ともそこで食べてしまった。コンビニや永和豆漿大王、そして焼き鴨の店も近くにある。

 

今回の旅行で、何とパイナップルケーキの微熱山丘とバスで行き来できることも知り、段ボール箱で購入した後に、タクシーでなくバスで安く快適に帰ることができた。

 

最上階にあるサウナでは足を伸ばして風呂に入ることもできる。

 

もちろん高級ホテルなのでロビーなども雰囲気がよく、従業員の方も部屋に関する注文やカードキーに対するクレームにちゃんと対応してくれた。

 

台北に行くなら、次もここに泊まると思う。

 

非日常を楽しむ

今回紹介したホテルは、日本でも展開されている高級ラグジュアリーホテルです。
もちろん、台湾ならではのホテルも多数ありますが、やはりまずは安心感のあるブランドホテルがおすすめ。

 

是非、非日常を楽しんで、素敵な写真をたくさん撮ってきてくださいね
出会い系ワンナイトラブナビ